中国生活3年を超えました。来た頃に比べると大連はずいぶん便利になったと思います。


by zoobora
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ダウン

12月5日(日)、朝から体がだるいなあと思っていたら、夜、熱を測ると38度以上ありました。次の日、日本人の先生がいる唯一の病院、中心医院に行くと、日本人の先生は日本に帰っていていないとのこと。中国人の先生に診てもらいましたが、何の病気かよくわからず、薬だけもらって帰りました。その際、診断書を書いてもらいましたが、何日休みたいかと聞かれたのにはびっくりしました。私は翌日からは出勤するつもりだったので、1日でいいと言いましたが、二日にされました。私の会社では診断書があれば病欠扱いになり、有休とは別にとれるので、病気が治ってからも自分が休みたいだけ休めることになります。
また、その時に解熱剤だと言われてもらった薬を家に帰ってよく見ると鼻炎の薬でした。前からこちらの病院はいい加減だと思っていましたが、薬が違うのは初めてです。

その日の午後になると、熱は相変わらず下がらず、体が重く、節々が痛く、少し動くのも苦しいという状態になりました。熱が出たというと、風邪かと重いますが、くしゃみやせき、のどの痛みなどの風邪の症状はまったくなかったので、余計に不安でした。

その翌日、熱は微熱になり、からだの重さも少し楽になりましたが、日本人の先生に診てもらうため、再度、中心医院に行きました。詳しい検査をして欲しかったのですが、それもなく、「上気道感染」と診断されました。結局この日も様子を見るため、会社を休みました。

次の日、やはり、微熱のままです。体も重いので、もう一日休むことにしました。

そして、その次の日、症状はあまり変わっていませんでしたが、これ以上は休めないと思い、出勤しました。

結局、3日間休みましたが、完全に回復せず、今も微熱が続いています。朝、起きたばかりのときは平熱に戻っているのですが、動いていると熱が上がってきます。昨日の夕方は体も重く、しんどかったです。
原因がわからない微熱というのは本当に不安です。早く治って欲しいです。
[PR]
by zoobora | 2004-12-11 13:15 | 日常生活