中国生活3年を超えました。来た頃に比べると大連はずいぶん便利になったと思います。


by zoobora
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

中国人の常識は世界の非常識

表題は中国で生活している外国人ならだれでも感じていることだと思います。よく見かけるものとしては、どこでもごみを捨てる、列を作らない、行列していても平気で割り込む、すぐ大声でどなる、上半身裸でバスに乗る、ところかまわずたばこを吸う、横断歩道がないところを渡る(これは仕方がないのでわたしもしますが)・・・などたくさんありますが、先日発現王国に行って、さらに信じられない光景に出くわしました。

1.パレードのときのこと。
ディズニーランドなどと同じく、パレードの少し前になると、パレードルートにひもを張って、パレードの通路を確保していました。もちろん係員がいて、ひもから中に入らないように指示しているのですが、パレード到着前にひもをくぐり抜けて行き来する人が後をたちませんでした。東京ディズニーランドでもたまにいますが、こんなに多くはありません。パレードが到着してからはさらに驚きで、フロートが止まってからダンスを披露してくれるのですが、そのとき、中に入って演者と写真を撮ろうとする人の多いこと!東京ディズニーランドでも演者が子供たちに呼びかけて一緒に踊ったりすることはありますが、勝手に入るようなことはありません。もちろんこのときは中に入ってはいけなかったので、係員は中に入ってくる人を止めるのに大わらわでした。

2.ライブ演奏のときのこと。
騎士広場でサックスを中心とするライブ演奏が始まりました。見ていると、中国人の観客は演奏しているバンドメンバーの前に立って写真撮影をしています。それだけでも、失礼な行為だと思いましたが、そのうちステージに上がって写真を撮る人が現れました。バンドメンバーもそれを許したので、その後は次々にステージにあがって、演奏しているバンドメンバーの肩に手を掛けたりして写真を撮っていました。結局この写真撮影はステージが終わるまで続きましたが、演奏の邪魔をしているようにしか見えませんでした。しかもこの人たちは演奏を聴きに来たわけではなく、写真を撮ったらさっさと立ち去っていました。どうやら中国人にとってはバンドの人も着ぐるみのキャラクターも同じもののようです。

以前、何かで東京ディズニーランド内での中国人のマナーの悪さを読みましたが、納得しました。世界中で中国人のマナーの悪さが問題になっているという記事も見たことがあります。中国人のこういった姿を見ていると「傍若無人」という言葉が頭をよぎります。

マナーの悪さを除けば、中国人は日本人より暖かく、とても親切で、人間味を感じるので、わたしは好きです。
しかし、「中国人の常識は世界の非常識」だということにみんなが気づかなければ、これからも中国人は世界中でヒンシュクを買い続けるでしょう。
[PR]
by zoobora | 2007-10-05 15:25 | 日常生活