中国生活3年を超えました。来た頃に比べると大連はずいぶん便利になったと思います。


by zoobora
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:お店情報( 27 )

奥林匹克電子城

a0009513_12393769.jpgタイトルの漢字は「オリンピック」と読みます。音訳ですが、四声が入るのと近い音を持つ漢字を当てているため、元の英語の発音とはかなりかけ離れた音になっています。日本語でも似たようなものですけどね。

ここは今年の4月にできたばかりの、コンピューターやデジタル家電の店ばかりが集まった巨大ショッピングモール(?)です。ウォルマートがある「奥林匹克広場」の地下にありますが、地下にあるとは思えないくらい広大な空間が広がっています。大連にはこのような場所が他にもいくつかあるようですが、電子パーツやPC、デジタル家電、海賊版CDやDVDを扱う小さい店が通路に沿って整然と並んでおり、大連の秋葉原という感じです。
大連ではおもちゃ売り場に行ってもPS2などのテレビゲームはまったく見かけませんが、ここでは各メーカーのテレビゲームやゲームソフトが山のように売られていました。やはりこういった製品は高いので、日本ほど一般的ではないようです。

私はここで、UTADAのEXODUSの海賊版を買いましたが、5元でした。ケースにこそ入っていませんが、海賊版とは思えないくらいジャケットの紙質や印刷がいいので驚きました。ただ、聞いてみると、私のCDプレーヤーではトラック8以降が読みとれませんでした。プレーヤーを換えれば読みとれるかも知れませんが、こういうことがあっても海賊版だけに誰にも文句は言えません。
海賊版はDVDのほうが圧倒的に多く、中国で公開開始後まもない「ハリーポッター・アズカバンの囚人」もありました。この海賊版のおかげで、中国ではDVDプレーヤーがかなり普及しているようです。私の会社の同僚もほとんど持っており、海賊版を買って楽しんでいます。

ここ電子城は独特の雰囲気があり、なかなか楽しめます。
[PR]
by zoobora | 2004-10-10 12:39 | お店情報

All's Well Coffee

a0009513_2338309.jpg中国ではコーヒーは高級品なので日本ほど一般的な飲み物ではなく、「ちょっとコーヒーでも」という感覚では飲めません。そのため、喫茶店に行ったことがない中国人も多いと聞きますが、大連のような大都市ではかなり一般に普及してきているようで、喫茶店やカフェも割と見かけます。
そのカフェの中で私のイチオシはAll's Well Coffeeです。開発区も含め大連市内に5店舗あるようですが、私がいつも利用するのはCmallという香港系の近代的でおしゃれなショッピングモールの中にある店です。
ここは空間をかなり贅沢に使っており、大きいガラス窓から入る自然光やjazzのBGMと相まって、極上のくつろぎ空間を作り出しています。普通の席ももちろんいいのですが、ソファ席も二つあり、運良くここに座れたら何時間でもボーっとしていたくなります。
店員も愛想がよく親切で、片言の日本語を話す店員もいます。英語ならかなり通じるようです。メニューも中国語、英語、日本語で書かれており、外国人を意識した店作りがうかがえます。
私はコーヒーにはまったくうるさくないのですが、ここのコーヒーは普通においしいと思います。ケーキは食べたことがありませんが、パイやコーヒーにサービスでついてくるクッキーはとてもおいしいです。
日本でもこれだけくつろげるカフェはそうはないのではないかと思えるほど、超お勧めの店です。(写真はアイスウィンナコーヒーとアイスローマコーヒー)
[PR]
by zoobora | 2004-10-04 23:37 | お店情報
a0009513_20443760.jpg中山広場のすぐ近くに「世貿大厦」というとても高いビルがあります(写真)。ここの56階は展望レストランになっていて、昼は68元、夜は88元で食べ放題になっています。コーヒー、紅茶、ジュース、生ビール(!)も飲み放題です。中国ではビールは普通、瓶で出てくるので、ジョッキで生ビールが飲めるのは貴重です(もちろん、日本食レストランなら大抵ありますが)。
ビュッフェの場合、味はイマイチというのが多いですが、ここはどの料理もとてもおいしく、また種類も和・洋・中・韓と豊富です。さらに驚いたのはケーキなどデザートの種類も多いこと。これだけでデザートバイキングができるのではないかと思うほどです。また、ケーキの味も日本人好みのさっぱりした甘さで、おいしかったです。
この料理の質と生ビールが飲み放題ということ、56階からのすばらしい景色などを考えると、68元、88元という値段は決して高くないと思います。昼と夜の20元の差は海鮮料理の種類の差と夜景が見られることから来ているのかなと思いました。
さすがにこの値段なので、毎日というわけには行きませんが、定期的に通いたくなるレストランです。
[PR]
by zoobora | 2004-09-25 20:43 | お店情報

VIVO.のコクテル堂

以前、VIVO.のイタリア料理店について少し書きましたが、ここには他にもいい店がそろっています。
私のお気に入りは日本のコーヒー専門店が出店しているコクテル堂です。ここには日本人パティシェがおり、日本で食べるのとほとんど変わらないケーキが食べられます。中国のケーキは基本的にバタークリームなので、生クリームを使ったケーキが食べられるのは貴重です。値段もケーキセットが32元で、普通に中国の喫茶店でコーヒーを飲むと20~25元くらいすることを考えると、この値段はむしろ安いと言えます。
スタッフは全員日本語が話せるし、雰囲気も日本のケーキ屋さん風なので、ゆったりくつろげます。
a0009513_20275221.jpg

[PR]
by zoobora | 2004-08-03 19:30 | お店情報
中国で買い物するときは、スーパーでは日本と同じようにレジに並んでお金を払えばいいのですが、デパートの場合は少し違います。
売り場で店員に商品を渡すと、その商品の値段を小さい紙に書いてくれます。その紙だけを持ってレジに行きお金を払うとその紙の一番上を取った残りとレシートを渡されるので、それを持って売り場に戻ると、その紙と引き換えに商品を渡してくれます。レジが近い場合はいいのですが、たまにレジが売り場から離れている場合があり、そんなときは「なんで客がこんなことせなあかんねん。店員が行ってくれたらええのに」と思います。
実際、こちらはデパートでもスーパーでも店員の数がやたらに多く、みんな売り場で暇そうにしています。
大連は最近次々に新しいデパートやモールができており、どこもとてもきれいで中国にいることを忘れるほどですが、サービス面ではまだまだだと思います。
[PR]
by zoobora | 2004-07-25 00:15 | お店情報

VIVO.のイタリア料理店

a0009513_0244.jpg
天津街にVIVO.という日本のブランドや日本の飲食店がたくさん入っているファッションビルがあります。ここは店内放送に日本語もあり、日本人が行きそうな飲食店では日本語のメニューがあり、普通に日本語が通じます。
この中にFlamingo Cafeというイタリア料理店があり、行ってみました。普通、中国でイタリア料理というと非常に高いのですが、ここはランチセットが30元で食べられます。メインはスパゲティかリゾットが選べ、他にサラダ、パン、コーヒーかオレンジジュース、デザートがついています。ただし、ここも夜は高く、スパゲティだけで最低28元です。
メニューは当然、日本語で、店の雰囲気もまるで日本のおしゃれなパスタ屋さんにいるようでした。肝心の味のほうですが、食べてみて感動しました。「中国でこんなおいしいパスタやリゾットが食べられるとは!パスタもアルデンテだし!」普段の昼食はずっと中華料理で最近かなり辟易しているので、余計においしいと感じたのだと思いますが、これで30元なら毎週でも通いたいと思いました。でも多分、これと同じものを日本で食べても、普通だと感じるでしょう。
中華料理に飽きた日本人の方に一押しのお店です。
[PR]
by zoobora | 2004-07-19 00:04 | お店情報

大連のエレベーター

a0009513_111923.jpg
どのエレベーターもすべてそうだと言う訳ではありませんが、この写真にあるようなものが圧倒的に多いです。「地下」を意味するというのはわかりますが、マイナスというのは・・・じゃあ、1階は本当はゼロ?
ちなみにこれはVIVO.という最近できた中国とは思えないくらい大変きれいなファッションビルで撮りました。
[PR]
by zoobora | 2004-07-10 11:20 | お店情報