中国生活3年を超えました。来た頃に比べると大連はずいぶん便利になったと思います。


by zoobora
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:日常生活( 32 )

一年

私が大連に来て、一年が過ぎました。今振り返ると、あっという間だったという気がしますが、こちらに来たばかりのころは本当に大変でした。今では慣れてしまって、それが当たり前だと感じるようになりましたが(それでも改善して欲しいとは思っていますが)、以前は信号のない道路を渡ったり、いつも混んでいて運転の荒いバスに乗ったり、段差だらけであちこち舗装が剥がれている道路を歩いたりするたびにストレスがたまっていました。
大連は他の中国の都市と比べると遥かにきれいだと言われますが、それでも大阪や東京と比べると汚いと感じます。が、それにも慣れて、特に何とも感じなくなりました。東京のような巨大都市が好きな私にとって、大連が物足りないのは事実ですが・・・
中国語は相変らず全く話せません。が、相手が何を言いたいのか何となく推測できるようになりました。語彙が全くないので、わかっても答えられませんが。一年いると普段の生活でよく目にする語の意味はわかるようになります。来たばかりのころはメニューを見てもどんな料理かほとんどわからなかったのが、今ではどんな材料を使っているかかなりわかるようになりました。
しかし、文字を見ているだけでは、永遠に読めるようにはなりません。そこが表意文字の大変なところで、中国語の場合はたとえピンインが表記されていても四声まではわからないので、やはり読めません。というわけで、注文するときは未だに「これ、ひとつ」と言っている状態です。
まだまだ色々不便な点はありますが、来た頃に比べればずっと快適に暮らしています。
[PR]
by zoobora | 2005-04-16 12:01 | 日常生活

真っ白

a0009513_11464051.jpg大連ではたまに深い霧が出ます。通常は午前中真っ白でも午後から晴れてくるのですが、この日は朝から晩までご覧のように真っ白でした。左側に20階建くらいの高いビルが写っているのですが、下から見上げても上のほうは全く見えませんでした。
この日は市の中心部に行ったのですが、そこでは全く霧がなく驚きましたが、あとから聞いた話では私が住んでいる辺りは海に近いので霧が発生しやすいとのことでした。
[PR]
by zoobora | 2005-04-02 11:48 | 日常生活

大雪

a0009513_23464776.jpg2月16日、朝起きると外が一面銀世界になっていました。大連は雨が少ないので、どんなに寒くても雪は滅多に降りませんが、こんなに積もったのはこの冬2回目だと思います。もうすでに5日目ですが、外は常に零下なので、雪が全く融けません。車や人が通るところはもうほとんど雪が残っていませんが、そうではないところはそのままになっています。
雪が積もると、バスは大混雑だし、タクシーはつかまらないしで、朝の通勤が大変です。私は徒歩通勤なので関係ありませんが・・・しかし、雪の中を歩くのはやはり大変です。(写真は雪の人民広場)
[PR]
by zoobora | 2005-02-20 23:47 | 日常生活

大連に戻りました

今日久しぶりに自分のブログを見たら、たくさんの方からコメントをいただいていました。
私のこんな大しておもしろくもないブログをご覧いただいている皆様、本当にありがとうございます。
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。今年もたまにではありますが、がんばって更新していきますので、よろしくお願いいたします。
実は、12月22日から1月4日まで日本に一時帰国していました。私が勤めている会社は日本の祝日に合わせているためお正月休みがあり、それに有休を合わせて2週間の休みをとりました。
8ヶ月ぶりの日本だったので最初は変な感覚でしたが、すぐに感覚を取り戻し、思い切り楽しんできました。やっぱり日本の食べ物はおいしいですね~。私は甘いもの(特にケーキ)が大好きなので、ケーキを食べまくってきました。こちらでケーキがおいしいところといえばVIVO.のコクテル堂くらいしかなく、そこのケーキと言えども日本で食べるちょっと高めのケーキに比べれば普通の味です。
大連で生活していて困るのが、ちょっと何か食べたいときに買えるものがないこと。日本のコンビニなら、サンドイッチなどの惣菜パンやおにぎり、肉まん、おでんなどなど本当に選択肢が豊富です。
日本に一時帰国すると大連に戻るのがいやになりますが、大連の我が家に戻ってきたときはほっとしました。日本では到底こんな広いところには住めないと思うと、大連も悪くないかなと思います。もっと色んな食べ物が気楽に食べられるようになれば、大連生活ももっと快適になるでしょう。
[PR]
by zoobora | 2005-01-05 19:57 | 日常生活

ダウン

12月5日(日)、朝から体がだるいなあと思っていたら、夜、熱を測ると38度以上ありました。次の日、日本人の先生がいる唯一の病院、中心医院に行くと、日本人の先生は日本に帰っていていないとのこと。中国人の先生に診てもらいましたが、何の病気かよくわからず、薬だけもらって帰りました。その際、診断書を書いてもらいましたが、何日休みたいかと聞かれたのにはびっくりしました。私は翌日からは出勤するつもりだったので、1日でいいと言いましたが、二日にされました。私の会社では診断書があれば病欠扱いになり、有休とは別にとれるので、病気が治ってからも自分が休みたいだけ休めることになります。
また、その時に解熱剤だと言われてもらった薬を家に帰ってよく見ると鼻炎の薬でした。前からこちらの病院はいい加減だと思っていましたが、薬が違うのは初めてです。

その日の午後になると、熱は相変わらず下がらず、体が重く、節々が痛く、少し動くのも苦しいという状態になりました。熱が出たというと、風邪かと重いますが、くしゃみやせき、のどの痛みなどの風邪の症状はまったくなかったので、余計に不安でした。

その翌日、熱は微熱になり、からだの重さも少し楽になりましたが、日本人の先生に診てもらうため、再度、中心医院に行きました。詳しい検査をして欲しかったのですが、それもなく、「上気道感染」と診断されました。結局この日も様子を見るため、会社を休みました。

次の日、やはり、微熱のままです。体も重いので、もう一日休むことにしました。

そして、その次の日、症状はあまり変わっていませんでしたが、これ以上は休めないと思い、出勤しました。

結局、3日間休みましたが、完全に回復せず、今も微熱が続いています。朝、起きたばかりのときは平熱に戻っているのですが、動いていると熱が上がってきます。昨日の夕方は体も重く、しんどかったです。
原因がわからない微熱というのは本当に不安です。早く治って欲しいです。
[PR]
by zoobora | 2004-12-11 13:15 | 日常生活

暖房が入った

11月14日に私が住んでいるマンションの暖房が入りました。公式には大連市内は15日からいっせいに入ることになっていたようですが、実際にはその一週間くらい前から徐々に入り始めていたようです。
こちらの暖房は非常に暑く、部屋の中では半袖でも大丈夫と聞いていたのですが、いざ入ってみると、ついているのか消えているのかわからないくらいです。それでも部屋は常に20~22度くらいなので、寒くはないですが、特に暖かいとも思いません。私のところは気密性が高いので、暖房が切れていても寒くないのはありがたいです。
それにしても、「室内は常夏」といううわさは何だったのでしょう?他の人に聞いても、やはり大して暖かくないという返事で、なかには寒いという人もいます。ただ、会社の暖房は暑く、シャツ一枚で十分です。場所によっては本当に暑いらしく、冷房を入れている人もいます。暖房が暑いからと言って冷房を入れる・・・大変なエネルギーの無駄だと思います。
[PR]
by zoobora | 2004-11-27 09:53 | 日常生活

金銭感覚

私の会社には日本の本社から長期出張という形で来ている人と、私のような現地採用の日本人がいます。日本から来ている人は日本円で日本と同じ水準の給料をもらっていますが(それだけでなく手当てもつくらしい)、現地採用の日本人は当然中国人の水準で、中国元で給料をもらっています。日本人は中国人と全く同じ生活はできないので、同期の中国人と比べるとずっといい給料をもらっていますが、それでも日本円に換算するとかなり安いです。
中国のものは日本円に換算するとほとんど何でも安い(デジタル製品はむしろ高い)ので、日本から来ている人たちは「中国は何でも安い!」と嬉々として言います。が、現地人並みの給料をもらっている私からすると何でも安いとは思えません。例えば大連の最高級ホテル「シャングリラ」のシーフードビュッフェは一人198元で日本円にすると2600円位です。最高級ホテルのビュッフェが2600円なら日本人の感覚では安いと思いますが、普通の中国人にとっては1食198元というのは恐ろしく贅沢です(普通の中国のレストランなら1食20~30元、高くても50元以内で食べられます)。
結局、中国の物価が安いというのは中国との経済格差が大きい国から見た場合の話で、そこに住んでいる人にとっては決してそんなことはないと思います。
[PR]
by zoobora | 2004-08-27 23:53 | 日常生活

究極の選択?

私の会社は大連市の郊外にあるので、近くに飲食店がほとんどありません。私がお昼を食べる場所は基本的に2ヶ所で、それぞれ5元と6元で肉料理2品、野菜料理2品(計4品)が選べます。今日は5元の店に行きましたが・・・「選べない!」。今日のメニューは魚のから揚げ(これはまあいい)と鶏の首(!)の煮物、豚の頭(!)ときゅうりの和え物、虫(!)でした。
鶏の首はこちらでは一般的で、どこのスーパーでも普通に売っています。ここで言う首とは本当に首だけで、頭の部分はとさかやくちばしもついた状態で別に売っています。
豚の頭はスライスした状態で、最初はハムだと思ったのですが、食べてみると硬くて変な味がしたので、何かと聞いてみると豚の頭でした。
虫はかいこのさなぎだということで、大きさは3cmくらいです。外側は硬いので、中だけ食べるということでした。これを食べている人も多かったですが、私は見ただけで食欲が失せました。
こちらにいると日本では考えられないような食材をたくさん見かけます。中国人が食べないものは4本足のものは机、空を飛ぶものは飛行機だけという冗談がありますが、本当にその通りだと思います。
[PR]
by zoobora | 2004-07-31 10:57 | 日常生活

自転車通勤

a0009513_2092698.jpg私は会社からバスで停留所二つのところに住んでいます。バスはいつも混んでいるし、待ち時間ももったいないので、私は自転車で通勤しています。自転車なら、家から会社まで10分で行けるのでとても便利です。
中国は自転車の国というイメージがありますが、ここ大連では自転車に乗っている人はあまり見かけません。大連は坂道が多いからというのが理由だそうですが、会社まではゆるい坂がひとつあるだけなので、あまり大変ではありません。
私が買った自転車はマウンテンバイクで249元とかなり安物なので(普通は500元以上)、質は良くありません。一応12段変速なのですが、買ったその日に変速をするとチェーンが外れました。以来、変速はしないようにしています。
人から聞いた話では、こちらの自転車は安物だと突然ハンドルが抜けたり、フレームが折れたりするそうです。私のは今のところ何ともありませんが、今後どうなるかわかりません。
[PR]
by zoobora | 2004-07-28 12:45 | 日常生活

初めてCDを買う

中国では日本の音楽がとても人気があり、中国のアーティストもたくさんカバーしています。デパートやモールに行っても日本人アーティストの曲がそのままかかっていたり、中国人アーティストによるカバー曲がかかっていたりします(今までKiroroの「未来へ」や大事MANブラザーズバンドの「それが大事」のカバーを聞きました)。
そのため、日本人アーティストのCDもたくさん売られていて、昨日行ったCD屋にはドリカム、MISHA、宇多田ヒカル、鬼束ちひろ、BoA、GLAYなどがありました。
a0009513_1047981.jpg
私が買ったのは小田和正の「自己ベスト」です。値段は20元(約300円)で中国人アーティストのCDとほとんど変わりません。最近、韓国で日本の音楽が解禁されたのを機に輸入CDを規制しようという動きがありますが、確かに海賊版ではない正規版がこんなに安い値段で手に入るなら、日本でのCD売り上げに影響が出そうな気がします。
さて、この中で日本語タイトルを中国語に訳しているのですが、これがなかなかおもしろいです。たとえば、off course時代の名曲「さよなら」は「再見」(そのままやんけ!)、「愛を止めないで」は「愛不要停止」となっています。では、「愛情故事突然発生」は何でしょう?もうおわかりですね。「ラブストーリーは突然に」です。
日々、訳のわからない言葉と悪戦苦闘していますが、このように勉強していくと中国語もおもしろいと思います。
[PR]
by zoobora | 2004-07-25 10:49 | 日常生活