中国生活3年を超えました。来た頃に比べると大連はずいぶん便利になったと思います。


by zoobora
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2004年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

a0009513_20443760.jpg中山広場のすぐ近くに「世貿大厦」というとても高いビルがあります(写真)。ここの56階は展望レストランになっていて、昼は68元、夜は88元で食べ放題になっています。コーヒー、紅茶、ジュース、生ビール(!)も飲み放題です。中国ではビールは普通、瓶で出てくるので、ジョッキで生ビールが飲めるのは貴重です(もちろん、日本食レストランなら大抵ありますが)。
ビュッフェの場合、味はイマイチというのが多いですが、ここはどの料理もとてもおいしく、また種類も和・洋・中・韓と豊富です。さらに驚いたのはケーキなどデザートの種類も多いこと。これだけでデザートバイキングができるのではないかと思うほどです。また、ケーキの味も日本人好みのさっぱりした甘さで、おいしかったです。
この料理の質と生ビールが飲み放題ということ、56階からのすばらしい景色などを考えると、68元、88元という値段は決して高くないと思います。昼と夜の20元の差は海鮮料理の種類の差と夜景が見られることから来ているのかなと思いました。
さすがにこの値段なので、毎日というわけには行きませんが、定期的に通いたくなるレストランです。
[PR]
by zoobora | 2004-09-25 20:43 | お店情報

結婚式出席

先日、同僚の結婚式に招待されて、初めて中国の結婚式を体験しました。
他の人たちから「中国の結婚式はみんな普段着だよ」と聞いていたのですが、一応スーツを着ていきました。すると、やはりスーツにネクタイ姿は私だけで、招待客は本当に普段着でジーンズの人もいました。

披露宴会場は3つ星ホテルの宴会場で招待客の人数の割に会場が狭かったので、テーブルの間が狭くかなり座りにくかったです。

式は招待客が新郎新婦が車に乗ってホテルにやってくるのを出迎えるところから始まります。予定では開始時刻は11時28分(28という数字はとても縁起がいいらしい)だったのですが、この日は結婚式ラッシュで道が込んでいて、新郎新婦がホテルに到着したのは12時前でした。ホテル前でクラッカーやフラワーシャワーなどの盛大な出迎えを受けたあと、新郎新婦はそのまま会場へ移動します。招待客もそれに続いて会場に入りますが、新郎新婦はすぐには会場に入らず、招待客全員が会場にそろってから、音楽(結婚行進曲)とともに入場します。

その後、司会者(もちろん普段着)の進行にしたがって、新郎新婦それぞれへの身分証明書の番号の確認(?)、新郎の両親へのあいさつ、指輪交換、新郎側新婦側それぞれの代表のあいさつと続き、式はあっさりと終わりました。

More
[PR]
by zoobora | 2004-09-25 14:12 | 中国社会

大連は中国じゃない?

a0009513_10352957.jpg私の勤めている会社には現地採用の日本人も結構いますが、その中には中国の他の都市で生活したことがある人も多く、その人たちは一様に「大連は中国じゃない」と言います。理由を聞いてみると、大連はとてもきれいで、人もやさしいからだそうです。
確かに大連の街を見て「汚い」とは思いませんが、道路の舗装があちこち地震でもあったかのようにひび割れていたり、でこぼこになっていたりして、日本人の目から見ると大してきれいだとは思えません。が、他の都市を知っている人に言わせると、大連はそれらより数倍きれいだそうです。他の都市はとにかく埃っぽくて、マスクなしでは歩けないし、街を歩くだけで手や顔がほこりまみれになると聞きました。上海のような大都市ですら、街中はほこりっぽいとのことでした。
大連は私が住んでいる郊外ではいつも砂埃が舞っていますが(あちこち工事しているため)、中心部ではほとんど砂埃はありません。中国の他都市を知らない私にはそれは特別なことでも何でもありませんが、他都市から来た人にはそれだけで「大連はきれい」と映るようです。

人が優しいという点については、私も本当にそう感じます。特に赤ん坊を連れていると、みんなとても親切にしてくれます。日本人だという理由で嫌な思いをしたことも一度もなく、大連人はとても親切だと思います。上海では日本人だとわかるとぼったくられることもあるそうですが、私はまだそんな経験はしていません。

ここに来て始めの3ヶ月くらいは生活が非常に不便だと感じましたが、最近はずいぶん慣れてきて、他の人の話も聞いたりすると、「大連は日本人にとって中国で最も住みやすい街」と言われるのがわかるような気がします。

大連はとても近代的だという話もきいたことがありますが、大連は新しい街なので、中国の歴史的建造物が何もなく、「中国的風景」がまったくないため、そう感じられるのかもしれません。実際、大連には中国にいることを忘れさせる場所がたくさんあります。
大連は生活するにはいいところだと思いますが、中国っぽさを求めて旅行に来る人にはつまらないところだろうと思います。(写真は「中国的でない」星海国宝(超高級マンション)と貝殻博物館)
[PR]
by zoobora | 2004-09-18 10:25 | 中国社会

海賊版CD

中国では、道端の露店やCDショップなどで、堂々と海賊版のCDやDVDが売られています。本当はいけないことなのですが、先日試しにCDを買ってみました。大連では正規版のCDでも12~20元くらいで売られていますが、こちらは1枚4元でした。別の露天では1枚2.5元で売られているものも見たことがあります。
CD-Rの値段はスーパーでは安いもので10枚セットが25元でした。海賊版業者は大量に仕入れるので、1枚当たり1元くらいになるのかもしれませんが、それでも海賊版業者にはそれほど利益がないように思われます。でも、これだけ出回っているところを見ると結構良い商売なのかもしれません。
中国でも海賊版は違法なはずですが、知的所有権に対して非常に甘い「コピー天国」中国なので、こういったものが堂々と売られているのでしょう。
ちなみに海賊版CDの音は普通のCDと全く同じでした。
[PR]
by zoobora | 2004-09-05 11:22 | 中国社会